}PgžxQ新車を購入するする時の流れですが、まず車を購入するとどのくらいの維持費がかかるのか、計算しておきましょう。車のローンはもちろんのこと、駐車場代やガソリン代、任意加入の保険料などの合計金額を算出し、新車購入金額の上限を設定しておきたいものです。
上限が決まれば、好みの車を探すため、新車販売店へと向かいます。販売員に予算を告げて車を紹介してもらってもよいですが、必要な性能以上の車をすすめられ、無駄に高い車を購入する可能性があるため、自分自身で価格と性能をじっくり比較することが大切です。
見積もりをしてもらうなどして、ほしい車が決まったなら、値引き交渉へと手順は進みます。価格に納得したなら、いよいよ契約です。契約には実印、印鑑証明書、車庫証明書、委任状などが必要です。軽自動車であれば印鑑証明書ではなく、住民票が必要になります。自動車ローンを利用するなら、ローン契約用の書類も用意します。書類の殆どを店側が用意してくれますので、手続きは割と簡単に済みます。
車庫証明書は駐車場を確保していないと申請できませんので、持っていない場合は予め用意しておきましょう。
手続きが済めば、あとは納車を待つだけです。この間に自動車保険の切り替えや、新しい保険に加入などするとよいでしょう。