テーブル車を購入するうえで考えておかなければならない費用は車両価格だけではありません。見積書の中には様々な販売諸費用が含まれています。しかし、その諸費用の中身があまりわからずに購入している人も少なくありません。まずは自動車税です。自動車税は排気量の大きさごとで金額が分けられており大きくなるほど税金も上がります。次に消費税です。車も商品なので購入の際には消費税がかかってきます。そして自動車所得税です。自動車所得税は50万円以上の車を購入した際に必ずかかる税金です。それから、自賠責保険です。自賠責保険は自動車の運転するうえで必ず入らなければならない保険です。この保険も車の購入時に諸費用として含まれます。リサイクル料です。車のシュレッダーダストやエアバック、などの処分費用です。車の部品を適正な方法で処分するためにかかる費用なので、購入する車のエアバックの個数などにより料金も変化します。最後に納車費用です。新車の納車の際に自宅まで車を運んでもらう場合にかかる費用です。しかし、自分でお店まで車を取りに行くことで節約できる場合もあります。このように車の購入には多くの諸費用がかかりますが、自分で行うことで節約できる場所も少なくありません。もう一度諸費用 を見直すことで購入金額を抑えるきっかけになるかもしれません。