ソファー車を購入したい時にポイントとなる要素として、国産車を選ぶか、輸入車を選ぶのかを考える必要があります。こだわりがあり、どちらを選ぶかがすでに決まっているのであれば、他人の意見を聞く必要はないでしょうが、違いを調べると考え方が変わることもあります。
国産と輸入の大きな違いは、メーカーの車に対する考え方です。国産メーカーは、より多くの人に買ってもらうことを前提にしています。よって、誰にでも不満なく使えるデザインや性能など、無難な構成が目立ちます。
輸入車の場合だと、デザインや性能の尖った構成がよく見かけられます。高級感漂う車内や、先進的なデザインのものなど、高級車に限らず大衆車であっても、国内メーカーの車ではあまり見かけられないものが多く用意されています。
車体の大きさも違いが見られます。国産メーカーの車は比較的コンパクトな車体をしています。一方で、輸入車はやや大きめなものが目立ちます。理由として、国によって異なる道路事情が関係しています。
日本は道路が狭く、信号やカーブも多いため、コンパクトな車体の方が運転しやすくなります。面積の広い外国の場合だと、長くて広い道路をゆったりとした車内で運転する方が好まれるという状況にあります。